すし飯について_1)すきやばし次郎さんとの出会い